【感激】デリケートゾーンの黒ずみ解消なら│正しい3つの黒ずみ解消法を知っておいて

【感激】デリケートゾーンの黒ずみ解消なら│正しい3つの黒ずみ解消法を知っておいて

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいと考えている女性は多いのですが、あなたは正しい解消法をいくつ知っていますか?

かおり
あなたのお肌に合わない間違ったケア方法を続けてしまうと、気になる黒ずみが余計に悪化してしまうので、正しいデリケートゾーンの黒ずみ解消法をここでしっかり確認しておきましょう!

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法とは?

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法とは?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するにはどんな方法があるのか、あなたは正しい答えを知っていますか?

デリケートゾーンの黒ずみは、一度出来てしまうとなかなか解消することはできません。

ドラッグストアなど市販のボディソープや普通の薬用石鹸でゴシゴシ洗っても、デリケートゾーンの黒ずみは解消するどころか、ますます悪化してしまうこともあります。

またサイズの合っていない下着の摩擦や、肌ストレスを与えている原因を見直すことは、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させない為に重要ですが、残念ながら今ある黒ずみの解消方法にはなりません。

デリケートゾーンの黒ずみは症状の悪化を防ぎながら、同時に黒ずみを解消するお手入れをしることが一番大事になってきます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消には主に3つの方法があります
  • 美容皮膚科や美容クリニックで治療する
  • デリケートゾーンの黒ずみ専用美白クリームを塗る
  • デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸で洗う

今までのデリケートゾーンの黒ずみ解消法と言えば、美容皮膚科や美容クリニックでの治療が一般的でしたが、最近では自宅でのお手入れでも簡単に解消することが可能になりました。

わざわざ病院に通う必要がなく、高いお金を払わなくて済んだり、お医者さんに恥ずかしいデリケートゾーンを見せなくて済むからと、自宅でアソコの黒ずみケアを行う人は年々増えています。

ただデリケートゾーンの黒ずみを病院で解消する方法や、自宅でお手入れできる黒ずみ解消のアイテムもたくさんあるので、あなたにどの解消法が合っているのか、まだわからないことも多いと思います。

そこで、3つのデリケートゾーンの黒ずみ解消法の特徴をまとめてみました。

かおり
それぞれのデリケートゾーンの黒ずみ解消法にメリット・デメリットがありますので、しっかり確認した上で自分に合った方法を選んでみてくださいね。

デリケートゾーン黒ずみ解消法①│美容皮膚科・美容クリニックでの治療

デリケートゾーン黒ずみ解消法①│美容皮膚科・美容クリニックでの治療

デリケートゾーンの黒ずみ解消法の1つ目は、美容皮膚科・美容クリニックでの治療です。

陰部や皮膚の構造など詳しい知識のある医師が行う治療や施術なので、安心感があり効果の実感も即効性があるのが特徴です。

主な治療法としては、下記の4つが挙げられます
  • レーザー治療によるメラニンの除去・破壊
  • 大陰唇や小陰唇の切除手術
  • 塗り薬のハイドロキノンによるメラノサイトの破壊
  • ピーリングによる角質除去・ターンオーバーの促進

美容皮膚科やクリニックでの治療と言っても、メスを使用しないレーザー治療や、ハイドロキノンなどの塗り薬での効果的な治療法もあります。

病院で陰部などデリケートゾーン黒ずみ解消の治療をする場合には、治療薬の副作用やレーザー照射のあとのダウンタイムがあり、また治療にかかる費用も健康保険の適応外になるので高額になります。

美容皮膚科や美容クリニックで治療を行う際は、信頼できる病院であるか、医師は女性か男性かなど事前の下調べを行い、費用や治療内容について確認しておきましょう。

美容皮膚科・美容クリニックでの治療│メリット
  • 専門の機材を使用して医師による治療なので安心感がある
  • 黒ずみの原因に直接働きかけるので効果の実感に即効性がある
  • 治療後のケアも通院すれば医師に相談できる
美容皮膚科・美容クリニックでの治療│デメリット
  • 治療費が高額(数万円から数十万円)なのが悩み
  • 特殊な機材を使用するため治療できる病院が少ないのが悩み
  • 通院する手間や交通費がかかるのも悩み
  • 他人にIラインや陰部、デリケートゾーンを見せなければいけない
  • 治療の刺激やダメージでダウンタイムが必要な対処法もある
  • 手術になれば傷跡が残るのも悩み

病院でデリケートゾーンの黒ずみを治療してもらうから、陰部のムダ毛処理をカミソリや脱毛クリームで自己処理しようと考えるのは絶対にやめましょう。

VIOゾーンをカミソリや脱毛クリームでムダ毛の自己処理をすると皮膚を傷つけてしまい、皮膚が薄いデリケートゾーンは傷や摩擦でメラニン色素が過剰に生成され、色素沈着やシミになってしまう恐れもあります。

かおり
ムダ毛が気になるからといって摩擦や刺激を与えてしまったり、陰部のニオイや肌荒れ、かゆみが気になるからと洗浄力の強い石けんでゴシゴシ洗ったりするとデリケートゾーンの黒ずみは悪化するので、陰部のムダ毛対策が気になる場合には脱毛サロンで処理するようにしましょう。

もしあなたが、美容皮膚科や美容クリニックの黒ずみ治療について詳しく知りたいなら、下記の記事も合わせて読んでみてくださいね。

かおり
デリケートゾーンの黒ずみを解消するなら、時間とお金に余裕がある女性には専門の「美容皮膚科」や「美容クリニック」で診断してもらうのが一番ベストな選択であると思います。ただ私の場合は、病院の先生に陰部の黒ずみを見せるのが恥ずかしいという理由で美容クリニックは断念しました。

デリケートゾーン黒ずみ解消法②│専用美白クリームでのケア

デリケートゾーン黒ずみ解消法②│専用美白クリームでのケア

デリケートゾーンの黒ずみ解消法の2つ目は、デリケートゾーン専用の美白クリームを塗るお手入れです。

美容皮膚科や美容クリニックでの治療改善と違い、即効性はありませんが、自宅で簡単にデリケートゾーンの黒ずみ改善ケアが出来ます。

お手入れの方法は、石けんで優しく汚れを洗いながしたデリケートゾーンの黒ずみ部分に塗るだけなので、とても簡単です。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームは、数多くの種類の商品が販売されているので、購入する商品を選ぶ際には配合された美白成分を確認することが重要です。

かおり
もしあなたが美白成分について詳しい知識が無いのであれば、薬用美白成分トラネキサム酸プラセンタが入っているかどうかを、チェックして購入しましょう。
トラネキサム酸とは・・・
トラネキサム酸は、黒ずみの原因であるメラニンの生成に必要な、プロスタグランジンという物質を抑制する効果が、認められている薬用成分です。
さらに、そのメラニンを作り出している、メラノサイトの働きを抑制する効果もあります。
プラセンタとは・・・
プラセンタは、メラニンの生成に必要な、チロシナーゼという物質の働きを、抑制する効果が認められた薬用成分です。
さらに、活性酸素を取り除く効果もあるので、お肌の老化も防いでくれます。

以上の有効成分「トラネキサム酸」や「プラセンタ」は、黒ずみに対する美白効果が厚生労働省に認められている成分です。

また敏感肌や乾燥肌など肌トラブルの場合には、水分を守ろうとして皮膚の毛穴が汗や皮脂を過剰に分泌したり、肌の内部ではメラニン色素を通常よりも多く生成しますので、保湿効果がある「ヒアルロン酸」も配合していると黒ずみ解消にはより効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームを選ぶときには、ちょっと値段が高くてもコスパを考えれば、薬用美白成分が配合された医薬部外品を選ぶようにしましょう。

黒ずみ専用美白クリームでのケア│メリット
  • 自宅でケアできるので時間が無くてもOK
  • 誰にも見られること無く黒ずみを解消できる
  • コンパクトで旅行先や出張先にも持ち運べる
  • 病院での治療に比べると低コスト(1ヶ月分5,000円前後)
  • ダウンタイムや副作用がない
黒ずみ専用美白クリームでのケア│デメリット
  • 最低1ヶ月から3ヶ月程度の継続が必要
  • 塗り忘れがあると効果が落ちる
  • 黒ずみがひどい場合には効果が出るまでに時間がかかる
かおり
デリケートゾーンの黒ずみを解消する一番お手軽に始められる方法は、医薬部外品のデリケートゾーン黒ずみ専用の美白クリームを塗ることです。すぐに効果がでるものでは無いので、最低でも3ヶ月くらいは続けてみることをオススメします。

デリケートゾーン黒ずみ解消法③│専用石けんでのニオイと美白ケア

デリケートゾーン黒ずみ解消法③│専用石けんでのニオイと美白ケア

デリケートゾーンの黒ずみ解消法の3つ目は、デリケートゾーン専用石けんで優しく汚れや雑菌を洗うことです。

デリケートゾーンの黒ずみは、市販のボディソープや刺激の強い石鹸が原因となっている場合もあるので、デリケートゾーン専用の石けんに変え、黒ずみ解消と予防、またニオイや雑菌を防ぐ3つの効果があります。

デリケートゾーンやVラインやIラインの正しい洗い方は、石けんを泡立て、デリケートゾーンをパックします。

かおり
デリケートゾーン専用石けんの多くは、黒ずみ解消に対する効果よりも臭いや痒みの要因になる雑菌に対する効果に優れている物が多いので、美白成分がどれだけ入っているかもチェックする必要があります。

デリケートゾーン専用石鹸を選ぶときには、美白成分がしっかり入っているかどうかを確認するようにしましょう。

また炎症を抑えるグリチルリチン酸などの有効成分や保湿成分のヒアルロン酸も、デリケートゾーンの黒ずみの悪化予防に有効です。

黒ずみ専用石鹸でのケア│メリット
  • 毎日のお風呂で簡単にケアができる
  • 1日1回のケアでOK
  • デリケートゾーン専用クリームよりも比較的低価格(1ヶ月分3,000円前後)
  • 黒ずみだけでなくニオイや雑菌洗浄にも効果がある
  • ダウンタイムや副作用がない
黒ずみ専用石鹸でのケア│デメリット
  • クリームよりも効果が出るのが遅い
  • 固形石鹸の場合泡立てネットが必要
  • 持ち運びが難しいので旅行先や出張先ではケアができない
かおり
人気のデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームと併用することで、さらに効果が増すので、早く黒ずみ解消効果を感じたい人には黒ずみ専用クリームと黒ずみ専用石けんを一緒に使うのがオススメです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する人気の食べ物はあるの?

デリケートゾーンの黒ずみを解消する食べ物はあるの?

デリケートゾーンの黒ずみ解消法の番外編として、黒ずみに効果があるとされる食べ物も合わせて紹介したいと思います。

デリケートゾーンの黒ずみに有効な成分は、クリームや石鹸だけではなく、食べ物からも摂取することは可能です。

体の内側から、キレイでくすみのない健康的な体質になりましょう。

新しいお肌を作るタンパク質
新しいお肌を作るタンパク質
タンパク質は、お肌の細胞の材料となる、重要な成分です。黒ずんだお肌の細胞を、新しい細胞へと入れ替えることで、黒ずみを解消することに繋がります。

タンパク質は、肉や魚、卵、豆類などに多く含まれており、中でも大豆には女性ホルモンに似た働きをする、大豆イソフラボンが含まれているので、体内のホルモンバランスを整えてくれたり美肌効果が期待できますよ。

メラニン色素を抑制するビタミンC
メラニン色素を抑制するビタミンC
ビタミンCの美肌効果や保湿効果は有名ですよね。

多くの化粧品にも配合されているビタミンCには、メラニンの抑制効果や酸化防止作用、コラーゲンの合成を助ける作用などがあります。

ビタミンCを豊富に含む食べ物といえば、無添加の野菜や果物などたくさんありますが、中でも赤ピーマンに含まれるビタミンCの量はダントツです。

新陳代謝や正常なターンオーバーを促進するビタミンA
新陳代謝やターンオーバーを促進するビタミンA
ビタミンAは、お肌の新陳代謝の乱れやターンオーバーを正常なサイクルに促進する効果があるので、黒ずんだお肌の細胞を、新しい細胞へ入れ替えるサポートをしてくれます。

また、乾燥からお肌を守る効果もあるので、摩擦による黒ずみを予防することにも繋がります。

ビタミンAエキスを多く含む食べ物は、お肉の部位で言えばレバー、魚で言えばうなぎ、野菜はモロヘイヤや人参などです。

以上のように、食べ物にもデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果のある成分は含まれています。

かおり
ただし、デリケートゾーンの黒ずみを食べ物の成分だけで解消することは難しいので、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームや石鹸を使いながら合わせて摂取するようにしましょう。