医薬品 乳首

【検証】ハイドロキノンで乳首の黒ずみは薄くなる?美白効果の高い医薬品の驚きの効果は!

投稿日:

ハイドロキノン乳首黒ずみ

以前の記事で「乳首の黒ずみの原因」について書いていますので、もしあなたが気になるなら下記の記事を合わせて読んでみてくださいね。

あわせて読まれています

関連記事
【不満】乳首の黒ずみの原因は遊び人?男の偏見とバストトップが黒ずむ本当の理由は
【疑惑】乳首の黒ずみの原因は遊び人?男の偏見とバストトップが黒ずむ本当の理由は

乳首の黒ずみに悩んでいるあなたは「乳首の黒ずみの原因」を理解せずに、ただ「黒ずみを薄くする方法」ばかり追いかけていませんか? あなたが「乳首の黒ずみ」を薄くしたいと思っていても、乳首の黒ずみの原因は人 ...

続きを見る

この記事は、美白効果が高いと言われる「ハイドロキノン」で乳首の黒ずみが薄くなるのかについて、調べたことを記事にしています。

この記事はこんな方におすすめです

  • 乳首の黒ずみが気になって悩んでいる
  • 人より黒い乳首の色を薄くしたいと思っている
  • 乳首の黒ずみを薄いピンク色にしたい
  • ハイドロキノンが乳首の黒ずみを薄くするのか知りたい

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン(hydroquinone)は、黒ずみの原因となるメラニン色素を淡色化(漂白)する還元作用と、肌の奥でメラニンを作らせないような抑制作用もある美白成分です。

ハイドロキノンは元々、工業用の漂白剤として使用されていましたが、あまりに漂白効果が高いため着目され、研究者がハイドロキノンの濃度を抑えて安全性を高めることで、美容皮膚科などで処方される医薬品としても使用されるようになりました。

かおり
以前は日本ではハイドロキノンという成分を化粧品に配合することは禁止されていましたが、2001年の化粧品の規制緩和で「ハイドロキノン濃度が2%未満」であれば美容目的の美白化粧品などにも使用できるようになりました。

ただしハイドロキノンは、一次刺激アレルギー反応(皮膚感作性)の症状が極稀にあり、ハイドロキノンの成分自体も不安定であるため、海外化粧品ではハイドロキノンを配合したものは良くありますが、日本の大手化粧品メーカーではハイドロキノンを使用した化粧品は作られていないようです。

乳首の黒ずみに対してハイドロキノンの効果は

乳首黒ずみハイドロキノン

強い美白作用をもつハイドロキノンは乳首の黒ずみを解消する治療にも効果的で、日本国内の美容皮膚科美容クリニックでも使用されているほどです。

ハイドロキノンの効果は

  • 肌の奥でメラニンを作らせない作用
  • すでにあるメラニン色素を漂白する作用

ハイドロキノンはシミや黒ずみの原因となる「チロシナーゼ」の働きを弱める効果と、「メラノサイト」という「メラニン色素を作る細胞」の活動を停止させる効果があります。

かおり
ハイドロキノンの「漂白」と「抑制」という2つの効果が、お肌のシミや黒ずみを薄くしてくれるんですね。

ハイドロキノンが登場する前の美白成分と言えば「アルブチン」「ビタミンC」や「コウジ酸」などが挙げられますが、ハイドロキノンはこれらの美白成分の約100倍以上の美白効果があるので、今の段階ではハイドロキノンが最強の美白成分と言えます。

ハイドロキノンの使用期間は

ハイドロキノンを約3ヶ月ほど継続使用すると、肌に耐性ができはじめて効果が薄れてくることから、シミや黒ずみ、色素沈着の治療の場合には、3ヶ月程度の治療を1クールとします。治療効果が足りない場合には2週間程度の休息をおいてから、再度1クールの治療という形をとるのが一般的です。

乳首の黒ずみに対してハイドロキノンの副作用は

乳首黒ずみハイドロキノン副作用

ハイドロキノンを乳首の黒ずみに使用した場合の副作用について、心配している人も多いのではないでしょうか。

乳首の黒ずみにハイドロキノンを使用する場合の副作用としては、下記のような症状があります。

ハイドロキノンの副作用

かぶれ、かゆみ、赤みなどの炎症

またハイドロキノンは強力な美白作用を持っていますが、弱点としては浸透力が弱いことがあげられます。

使用する前には、アレルギー反応が無いかテストするために、まず腕の皮膚の薄い部分などでパッチテストをしてみて、かゆみや炎症が出ないことを確認してから使用することをおすすめします。

パッチテストの方法は

  1. 腕の内側など目立たない部分に、ハイドロキノンを塗ったバンドエイドを貼る
  2. 貼ったまま24時間経過を見て、かぶれやかゆみ、赤みなどが無いか肌の症状をチェック
  3. これを2日間ほど貼り付けて経過を見て、アレルギー反応がない場合はテスト終了

一般的にハイドロキノン濃度が5%未満であれば、重篤な副作用は無いとされていますが、ハイドロキノン5%以上の医薬品を使う場合には必ず医師に相談のうえ使用するようにしましょう。

ハイドロキノンを使えない人は

妊娠中や授乳中、また妊娠の可能性がある女性、少児幼児はハイドロキノンを使用しないように注意書きされてます。

乳首の黒ずみ対策でのハイドロキノンの使い方

乳首黒ずみハイドロキノン使い方

乳首の黒ずみ対策でハイドロキノンを使用する場合には、黒ずみが気になる乳首や乳輪よりも一回り大きい範囲にハイドロキノンを薄く塗っていきます。

かおり
通常は1日2回、乳首の黒ずみが気になる部分に適量を塗布して、塗り込んでいきます。

乳首の黒ずみが気になる部分以外にハイドロキノンが付いてしまった場合には、洗い流すかよく拭き取るようにしましょう。

毎日同じ時間にハイドロキノンを塗り込んでいくと効果的な使用方法になります。

ポイント

パッチテストでは大丈夫だった場合でも、乳首の黒ずみにハイドロキノンを塗布してから「かぶれ」や「かゆみ」「炎症」などがあった場合には使用を中止しましょう。

ハイドロキノンは皮膚科で処方される医薬品

ハイドロキノン処方薬

乳首の黒ずみを改善したいという理由で「ハイドロキノン」を購入する場合には、美容皮膚科や美容クリニックに通院して、医師からハイドロキノンを処方してもらうことが必要になります。

ただし美容目的でハイドロキノンを使用する場合、費用は保険適用外になり自由診療という枠になりますので、診療費や治療費は病院によって異なりかなり高額になります。

美容皮膚科やクリニックのハイドロキノン価格

ハイドロキノン 内容量 価格 診療費 証拠画像
こころ皮膚科クリニック 4%ハイドロキノンクリーム 5g 1,750円 2,000円 こちら
東京ミッドタウン皮膚科 ハイドロキノン 5g 4,536円 2,700円 こちら
湘南美容クリニック ハイドロキノン 5g 7,020円 不明 こちら

上記のように美容皮膚科や美容クリニックでは、自由診療になるハイドロキノンの値段はバラバラです。

かおり
美容クリニックや皮膚科に通ってハイドロキノンを処方してもらう場合には、治療薬代のほかに診察してもらう初診料や再診料という診療費も別途必要になります。

自由診療とはいえ、ハイドロキノン5gで7,000円という価格はかなり高額です。

だいたい20gで1ヶ月分くらいになりますから、ハイドロキノン5gだと1週間~10日くらいで無くなる量になりますから、1ヶ月分になると安くても「7,000円」で高いと「28,080円」という金額がハイドロキノン代でかかる計算になります。

個人輸入でもハイドロキノンは買える

個人輸入の通販サイトを利用する場合には、ハイドロキノンの価格を調べてみると、海外医薬品のハイドロキノンになりますが「BIHAKUENハイドロキノン」は20gで3,000円程度と格安で、しかも送料無料で配送してくれるのでお得に購入することができます。

個人輸入通販のハイドロキノン価格

商品名 ハイドロキノン濃度 内容量 価格 送料 証拠画像
おすすめBIHAKUENハイドロキノン 4% 20g 約2,530円 送料無料 こちら
ユークロマクリーム 4% 20g 約1,220円 送料無料 こちら

※個人輸入の通販サイトはドル円の為替レートで価格が変動します。

かおり
ただし最初にハイドロキノンを使用するときには美容皮膚科などで医師に相談をしてから使用することをおすすめします。私の場合、最初は美容皮膚科で「ハイドロキノンとトレチノイン」を処方してもらい、2回目からは個人輸入で「BIHAKUENハイドロキノン」と「BIHAKUENトレチノイン」を購入しています。

BIHAKUENトレチノインハイドロキノン

個人輸入でBIHAKUENハイドロキノンBIHAKUENトレチノインを購入した理由は、美容皮膚科で処方してもらった処方薬と一番近いと感じ、効果も同じだったという点です。

スティーバAユークロマクリーム

以前は「ユークロマクリーム(ハイドロキノン)」と「スティーバA(トレチノイン)」を使用していましたが、スティーバAが発売終了になり、BIHAKUENシリーズを使ってみたところ使用感もすごく良かったので、値段は少し高くても「BIHAKUENシリーズ」を使っています。

この「BIHAKUENトレチノイン」と「BIHAKUENハイドロキノン」のレビューについては、また詳しく記事を書きますので参考にしてみてください。

後日公開【BIHAKUENトレチノインとハイドロキノンの記事】

ハイドロキノンと相乗効果が期待できるトレチノイン

トレチノインハイドロキノン

ハイドロキノンは強力な美白作用を持っていますが、弱点が「浸透力の弱さ」だと言うことを先ほど書きました。

かおり
このハイドロキノンの弱点である「浸透力の弱さ」をカバーするのが「トレチノイン」です。

乳首の黒ずみの治療法として、東京大学形成外科の吉村浩太郎氏が2001年6月に「しみの治療(総説)」を発表して、それ以来「トレチノイン」と「ハイドロキノン」を併用して黒ずみを治療する治療法が美容皮膚科や美容クリニックでも広まっていきました。

トレチノインハイドロキノン療法とは

トレチノインが皮膚のターンオーバーを促進して、表皮を通常よりも早く剥がすこと作用があり、シミや黒ずみの要因のメラニン色素を表皮と一緒に押し上げてなくします。トレチノインの効果で薄くなった表皮からハイドロキノンを塗布することで浸透力が高まり、皮膚の奥のメラニンを漂白、新たなメラニンの生成を抑制することで、シミや黒ずみを治療する方法。

ただしトレチノインハイドロキノン療法は、正しい施術方法を知らないと肌トラブルの原因にもなりますので、必ず美容皮膚科やクリニックを受診して医師の指示のもと治療しましょう。

この「トレチノインハイドロキノン療法」についても、また詳しく記事を書きますので参考にしてみてください。

後日公開【トレチノインハイドロキノン療法の記事】

ハイドロキノンで乳首の黒ずみ対策まとめ

ハイドロキノン乳首黒ずみまとめ

ハイドロキノンで乳首の黒ずみを薄くすることが出来るのかを詳しく書いてみましたが、結論を言えば「乳首の黒ずみにハイドロキノンは効果的」であると言えます。

ただハイドロキノンだけを乳首の黒ずみに塗るよりも、トレチノインを併用するほうがより乳首の黒ずみを薄くする効果が高い治療法になります。

注意ポイント

トレチノインハイドロキノン療法は、治療方法治療期間治療中のメンテナンス方法など、注意するポイントがたくさんありますので、初めて治療する場合には必ず医師に相談のうえ施術してください。

あなたがもし、ハイドロキノンやトレチノインなど医薬品を使うことに抵抗があるなら、乳首の黒ずみ対策用の「医薬部外品の美白コスメ」もありますので、そちらを試してみるのもオススメです。

かおり
乳首の黒ずみはたくさんの女性の悩みですので、悩んでいるなら少しでも早く黒ずみを解消して「彼氏にカワイイと思われるバストトップ」を目指しましょうね。

もし乳首の黒ずみのほかに「かさぶた」が気になっているなら、重大な病気の可能性もありますので、下記の記事をあわせて読んでみて下さい。

あわせて読まれています

関連記事
【注意】乳首の黒ずみが「かさぶた」に!乳首のかさぶたの原因と正しい改善方法は?
【注意】乳首の黒ずみが「かさぶた」大丈夫?乳首のかさぶたの原因と改善方法は

乳首の黒ずみをチェックしている時に、乳首にかさぶたが出来てるって思ったことはありませんか? 乳首の黒ずみを改善しようと美白クリームや美白ジェル、トレチノインやハイドロキノンを使い黒ずみの治療をしている ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
kaori Shiraishi

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。 20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。

-医薬品, 乳首
-, , , ,

Copyright© 黒ずみラボ , 2019 All Rights Reserved.